新型アクア【AQUA】試乗!!リーフオーナー大絶叫!トヨタ

更新日:

トヨタのアクアといえばこのコンパクトボディと燃費の良さなどで高一押しとなっているトヨタの大掘り出し物の車ですよね。

JC08モードでの燃費は38km/Lで5ナンバーのコンパクトカーで、プライスも178万円〜というお手頃感。そしてその売れ筋はというと、2013年〜2015年までの通常は自動車販売数で1位、2016年2月にはトヨタ歴代最速の100万台を突破した車になるまでに改革。

これは、トヨタを代表するエコカーと言える存在です。

ここまでアクアの商品チェンジの経緯はというと、2014年12月と2017年6月にマイナーチェンジしたばかりで、ズバリ発売から一回ものフルモデルチェンジがないんですよね。

そのうえ2019年12月、発売から8年後に待望のフルモデルチェンジとなりそうなんです!

今回は、新型のアクア2代目についてのまとめです。

最近ではトヨタがおしすすめるエクステリア(外装)のデザインはご存知でしょうか。 いまやカムリやプリウスPHVなどにも反映している2つのフロントデザインです。

キーンルック

キーンルックというのはフロントの冒頭にあるエンブレムからV字型に広がっているデザインのタイミングでKeen(キーン)が概念するのは鋭いとか鋭敏な、という知的な印象を与えます。

アンダープライオリティはフロントにある開口部が台形になっている部分を強調させるデザインを言います。もしや下の写真のような形でが参考になります。

オーリス

とうとう、東京モーターショー2013で品公開されたのがプレミアクアですがこれの明度が次期のアクアに搭載される際に何よりも近い明度のデザインと画像で見たされています。 プレミアクア

パワートレインの変更

パワートレインというのは、検索から発生した食物を効率よく駆動輪に伝える為にの部品の総称を言います。

例で言えば、探策やクラッチ、トランスミッション、ドライブシャフトなどを言います。カードが新型アクアではすさまじいに変更される予定です。

トヨタハイブリッドシステム

2.0トヨタハイブリッド機能(THSⅡ)が搭載される想定で加速時に検索の回転数を下げ、伸びのある加速感を実現します。

トランスミッション

探策で作られた駆動力をプロペラシャフトへ伝える装置でCVT(新型無段変速機)を搭載予定。

プリウスの燃費を上回る?

プリウス ハイブリッド機能でTHSⅡをつけるとするならパワートレーン仕組み全体で燃費が約25%、動力性能は約15%以上は向上することが発想されています。現行のプリウスと新型プリウスでは燃費32.6km/Lから40.8km/LへUPした経緯があります。

新型アクアもプリウスと同様にするなら急なな燃費向上が見込まれていて、現行のアクアの燃費が37.0km/Lなので、最大で45.2km/Lまでの向上するかもしれません。 そのものズバリすると新型プリウスの燃費40.8km/Lをこえる燃費が商品ページで見たできます。

ボディ大きさの変更と料金帯

フル品チェンジ後のアクアの大きさ感はどのようなものになるのでしょうか。絶対にコンパクトカーで5ナンバーは変わらないと思います。先ほど挙げた、低重心化がトヨタのデザインコンセプトになっているので必ずや現行のアクアよりも全幅が広くなり車高が下がるようなイメージでしょうか。

-

Copyright© 初心者がやってみた , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.