都会派SUVと差別化? トヨタ新型「RAV4」はワイルドに路線変更!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都会派SUVと差別化? トヨタ新型「RAV4」はワイルドに路線変更!


スポンサーリンク

都会派SUVと差別化 トヨタ新型 RAV4

RAV4には、コネィティッドサービスを利用するための機器、DCMを全車に標準装備していますが、T-Connectの契約が必要です。基本利用料金は3年間無料となり、4年目以降は年間12,960円の費用がかかります。

トルクフルな2Lやパンチのあるハイブリッド+カムリで定評のあるGA-Kプラットフォームの組み合わせは、トヨタ車の中でもトップレベルだろう。4WDシステムも単なる安定方向ではなく走りの気持ち良さにも寄与する。

RAV4がトヨタブランドで初めて搭載するデジタルインナーミラー(デジタルリヤビューミラー)とは室内に配置されるルームミラーに車両の後席カメラの映像を映す「電子ルームミラー」のことを指します。 スイッチでルームミラーとリヤビューを切り替えるため、今後はバックモニターの替わりになることも考えられます。社外品などで販売されている電子ルームミラーはまだまだ普及していないため新型RAV4の強みです。 デジタルインナーミラーはガソリンモデルの最上級グレ-ド「G Zパッケージ」に標準装備され、その他のグレードはメーカーオプション装備になっています。

2018年現在トヨタには「ランドクルーザー」「ランドクルーザープラド」「C-HR」「ハリアー」の4つのSUVがラインナップされています。その中で「ランドクルーザー」「ランドクルーザープラド」はトヨタ店で、「ハリアー」はトヨペット店でそれぞれ専売されています。

トヨタ新型ハリアーは2020年発表か!次期型はレクサス顔?

新型RAV4アドベンチャーグレードのTRDオフロード仕様車がアメリカのシカゴで行われているシカゴオートショー2019で世界初公開しました。 エクステリアはホイール、ルーフレール、フロントグリル、フェンダーなどがTRD専用パーツになっています。

北米版の新型RAV4はワールドプレミアのときに注目を集めた新色のルナロックを含めた、モノトーンカラー9色と2トーンカラー3色の全12色になっています。特にルナロックはワールドプレミアのときにアドベンチャーグレードに採用されて注目を浴び、日本でも人気のボディカラーになるでしょう。

5代目となる新型RAV4の日本での販売価格はガソリンモデルが2,608,200円から3,348,000円、ハイブリッドモデルが3,202,200円から3,817,800円になっています。専用フロントグリルを装備したRAV4の高い走破性を感じる本格派のアドベンチャーグレードは3,137,400円で、シートベンチレーションのオプション価格はシートヒーターと本革巻きステアリングもセットで79,920円になっています。

プレミアム感でライバルと差別化 どちらかと言うとプレミアムクロスオーバーの領域に足を踏み入れているのと、アウトドアより都会をかなり意識したデザイン。ボディサイズや価格はRAV4に近い所にあるが、実は直接的なライバルではないのかも!?

それにしてもトヨタは、一度国内での販売を止めていたRAV4を改めて販売するにあたり、思い切って大幅にコンセプト変更し“クロカン風オフロードイメージ”を前面に押し出してきましたね。これまでの”は若者向けエントリーSUVというコンセプトでしたが、今回のモデルは明確にオフロード風にコンセプト変更したSUVです。

しかしこの3車種のボディサイズの数値は大きな差があるわけではないため、RAV4のサイズ感を知るためにはエクストレイルとCX-5を参考にしましょう。 またRAV4アドベンチャーグレードは全長4,610mm、全幅1,865mm、全高1,690mm、ホイールベース2,690mmになっていて、標準タイプのRAV4よりも全長と全幅は10mm長くなっています。

日本で販売する新型RAV4のグレードはガソリンモデルに「X」「G」「G Zパッケージ」を用意して「アドベンチャー」を加えた4つのグレードを設定、ハイブリッドモデルは「ハイブリッドX」「ハイブリッドG」の2つのグレードを設定しています。 2WDはベースグレードになる「X」と「ハイブリッドX」に設定され、その他の全てのグレードは全て4WD駆動になっています。

またタイヤサイズもグレードにより違いがあり、ガソリンモデルのベースグレード「X」とハイブリッドのベースグレード「ハイブリッドX」が17インチ、「G」「ハイブリッドG」が18インチ、「G Zパッケージ」「アドベンチャー」が19インチになっています。 海外仕様のRAV4ではアドベンチャーグレードに19インチを採用していて、日本仕様のアドベンチャーも19インチを採用します。

オンロード寄りの上級グレード 都会派のオンロードSUVとしての快適性とステイタス性を極めた上級グレードがG。ガソリン車のみに設定されるG・Zパッケージは、さらなる走りと快適性を追求した、オンロード仕様の最高峰という位置づけになる。ただし、価格的にはハイブリッドのGより安い。4WDシステムも、G・Zパッケージはアドベンチャーと同じダイナミックトルクベクタリングAWDを搭載。ワインディングロードでも意のままの走りが楽しめるだろう。

現在販売されているクロスオーバーSUVの元祖と言われるRAV4は1994年に誕生しました。 RAV4の発売当時の日本ではクロスオーバーSUVのジャンルがまだなく、RAV4の成功によりホンダのCR-V、日産のエクストレイル、スバルのフォレスターなど、各自動車メーカーで人気車種となるクロスオーバーSUVが次々登場しました。


僕全然散財とかしないし都会出てもチャラついた見た目に変えたりしてないしポケセンにはこまめに行く派だから薬代もかからないから多分チャンピオンになる頃にはハロンタウンに戸建て買うくらい金たまると思うんだよね…(ハロンタウンの地価舐め男)
@urakata7121 まあ頑張って下さい。 ホームセンターに行くなら私は基本ホーマック派です。レンタルだったDVDとかが安く売ってるんですよね。それを買います。 まあホームセンターでしか買えない物とかはコメリで買います。県内最大の店舗があるので(都会にはジョイフル本田とか言う巨大施設があるらしいですが)。
RT @hisae_classical: チャイコフスキーは骨の髄まで都会派だとも思った。民族調のモティーフを使っても、洗練された田舎風~ア・ラ・カンパーニュになる。自然まみれの原始人みたいになるブルックナーと対照的。美しいティーカップ、美しい窓の外の景色。
https://t.co/7q1KfeiFKx 私のようなbotをまとめたwikiが出来ているようね。意外と多いのね、現代入りした子達。まあ、私以上に都会派はいないようだけれど。
@bungo_n 懐かしいなぁw ガキの頃祖母に連れられ銀座へ出かける時に、祖母は日比谷線直通ではなく、上野から銀座線に乗り換えて行く派で(日本橋にもよく立ち寄ってたから)昔から縁のある路線でした。 あの室内灯が消える感じになんとも「都会」「地下鉄」を感じてましたw ※丸の内線も消えてました。
@CinnamonRoll45 いいね💕 シナちゃん😉 立ち飲み屋で煮込み、おでんにラーメン🍜、焼き鳥。。 わたしもそちら派☺ けど。。 遠目に見える都会はおつまみには最高すぎる😇✨
都会派ポップ再び!いつの世も男女を悩ます解けないロジック。(アーバンメロウポップ)
@tearose211 いちご新聞懐かし〜😂のために新宿ですと…?? どんだけ都会派…小学生でコンクリートジャングルに買い物に行くなんて…おませでおシャンティ…‼️‼️
苫小牧はファミマがあるので都会です。本格派の無糖バターコーヒーが少し変わったようですね。できればホットで飲みたいなぁ。
@Hikaru_pine 立ってる派です。30分以上乗るときは座るけども(*´ω`*)w あと、やっぱ都会の電車ラッシュ時はまじでおしくらまんじゅうです!
「アーバンイノシシ」なる呼び名、何とかならぬものか。アーバンと英語で来てその後、日本語のイノシシ。まぬけなこと、この上なし。「都会派イノシシ」とかで、いんじゃね?

【無料で4ヶ月試聴】オススメ動画配信紹介
31日間無料【U-NEXT】

「U-NEXT」は海外映画・国内映画ともに充実したラインナップで、ドラマもアニメも豊富に取り扱っています。とにかく見放題作品とレンタル作品どちらも業界トップクラスなので、まずはここから体験してみるのがおすすめですね。最新作から旧作まで揃えていますし、ポイントレンタルができるので課金なしでも十分楽しめる映画見放題サービスです。

31日間無料【FODプレミアム】

ドラマ好きにぴったり!「FODプレミアム」はフジテレビが運営しているので、国内番組には特に強い特徴があります。独占配信している国内作品もかなり多く、ここだけでしか見られない国内ドラマばかりです。新作映画の取り扱いもあり、海外ジャンルよりは国内の方が多く配信されています。

30日無料【TSUTAYA TV】

旧作の品数が非常に多いです。特に洋画好きや古い映画が好きな人にはぴったりです。以前はネットでレンタルして宅配ポストであったが、現状はネットで動画配信が一番快適!!!オススメです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
buchi4647をフォローする
初心者がやってみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました