トヨタ 新型 ハイエース、新型はグランエースと別物!海外ハイエースの日本導入あるか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トヨタ 新型 ハイエース、新型はグランエースと別物!海外ハイエースの日本導入あるか?

トヨタ 新型 ハイエース、新型はグランエースと別物!海外ハイエースの日本導入あるか? ▻ Subscribe for more:https://goo.gl/KMYj3k.

スポンサーリンク

トヨタのクルマづくりは 米国車の模倣から始まったのです

国民車構想に合致した軽自動車「スバル360」 日本で独自に自動車を生産するという試みは、国立科学博物館(東京・上野)の資料によると、大正時代から昭和初期に現れたとされます。 その一例は、大正末期に1リッター空冷4気筒エンジンを積んだ「オートモ号」を300台ほど生産した豊川順彌氏です。あるいは、750ccV型4気筒エンジン搭載の前輪駆動車「筑波」を設計・生産し、約150台販売した川真田和旺氏などの事業でした。 ただし、それらは資本力不足や未熟な技術が災いして、すでに大量生産・販売による圧倒的な価格競争力を確立していた、米国のフォードモーターやゼネラルモーターズ(GM)との勝ち目の無い競争にあっさり敗れて、消滅の憂き目を見てしまいます。 その後、国産自動車の近代企業としての先駆けといわれているのが、1930年代にスタートした日産とトヨタです。 自動車総合産業への進出を目論んだ企業家の鮎川義介氏は、自動車生産の周辺機器・部品産業を次々に買収して準備を進めます。 そして、1933年にフォードやGMとの熾烈な競争で苦しんでいた大阪のメーカー「ダット自動車」を買収し、未曾有の巨費を投じて「自動車製造株式会社」(後の日産自動車)を設立します。 鮎川氏は、米国メーカーに倣った近代的な自動車工場を横浜に建設しました。 日産は米国車と競合を避け、750ccクラスの小型車「ダットサン」の量産をスタートさせます。その一方で、日本の自動車市場を席巻していたフォードやシボレーの補修用部品を製造し、納品するという戦略的な経営で臨みました。 いっぽう、自動織機の特許で巨万の富を得た豊田佐吉氏も、自動車産業の将来性に着目しました。きっかけは、1910年の渡米でT型フォードの流行を目の当たりにしたことだとされています。 1929年、豊田自動織機のパテントを英国企業に売却して得た10万ポンド(邦貨に換算すると約10数億円)は、有能な技術者となった佐吉氏の長男・豊田喜一郎氏がトヨタ自動車を興すための資金となり、1933年豊田自動織機の正式な事業として自動車製造が始まります。 トヨタはスタート直後からフォードやシボレーの普通車クラスに挑みます。1936年に登場した「AA型」に搭載したエンジンは、完全なシボレー製6気筒のコピーでした。トヨタのクルマづくりは、米国車の模倣から始まったのです。

また、それ以外にも「アルファードやヴェルファイアより大きな車が欲しい!」「現行のハイエースよりも高級感のある車に乗りたい!」という方に、需要はあるかもしれませんね! トヨタ車内でマイルドヤンキーと呼ばれるターゲット層にもアルファード、ヴェルファイアに続く新たな選択肢として選ばれるかもしれません。

さて、先日より開催中の東京モーターショー2019にて衝撃的なデビューを果たしたトヨタの最上級モデル「グランエース(GranAce)」。 海外では「グランビア(Granvia)」や「ハイエース・スーパーグランディア(Hiace Super Grandia)」、「マジェスティ(Majesty)」といった名称にて販売されていますが、日本市場では「グランエース」として12月16日に発売スタートする予定となっています。

前述のように、注目の新型車グランエースは、東京モーターショー2019ではトヨタ車体ブースで展示が行われる。その際、室内モックで2つのインテリアコンセプト「Resort Tourer Concept」「Business Liner Concept」も展示する予定だ。

では、早速メーカーが公開している情報等も含めて、hitoiki(ひといき)的にトヨタ グランエースとアルファードやヴェルファイアを比較し、買う方が気になるスペックのポイントを中心に簡単に比較してみました。

新型グランエースの製造はトヨタ車体が行う。同社は、主にミニバン・SUV・商用車を製造する、トヨタグループの中核企業だ。歴史は古く、1945 年にトヨタ・刈谷工場が独立してトラックボデー専門メーカーとして発足したことに端を発する。2018年11月からは、従来トヨタからトヨタ車体へ委託していたバン事業(バン、ミニバン、小型バス)をトヨタ車体に移管。それにより、バン事業での企画・開発・生産業務はトヨタ車体が進めているため、グランエースは、バン事業移管後初の記念すべきモデルでもあるのだ。

トヨタ グランエースの特徴(GRANACEの特徴)としては、圧倒的な広さと上質さにより、ゆとりと高級感ある室内空間を演出し、車両安定性、快適な乗り心地、先進の安全機能とコネクティッド機能を兼ね備えた上級送迎車ということ。

トヨタの高級ミニバン「アルファード」の上級グレードの「エグゼクティブラウンジ」に装着されているような上質感のあるキャプテンシートで、3列目シートに座っても、前席との間隔はとても広く、ゆったりと乗車することができます。

トヨタ グランエースは、2019年2月にフィリピンで発表された6代目新型ハイエースがベースですが、日本国内では5代目ハイエースを未だに販売しています。グランエースと5代目ハイエースの違いとしては、エンジンの位置が違います。

一方、200系ハイエースワゴンにも「トヨタセーフティセンス」が標準装備されますが、こちらは自転車の検知などには対応していません。

トヨタが2019年内に発売する予定の新型ワゴン「グランエース」が、2019年10月23日から開催された東京モーターショー2019で初公開されました。

新型グランエースは予防安全装備として、歩行者(昼夜)や自転車(昼間)も検知する予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を装備します。

~遂にオーストラリアでも新型「グランビア」が発売スタートへ~ トヨタは先日、フィリピン市場や中東 ...

世界的に見ても、商用車がセミキャブオーバーであることは当たり前です。 世界で最も有名なワンボックスカーのフォルクスワーゲン・タイプ2も1990年からセミキャブオーバーにしており、現在フォルクスワーゲンの商用車向けワンボックスカーはすべてセミキャブオーバーです。 ハイエースがキャブオーバーからセミキャブオーバーになるのは、世界一位の自動車メーカーであるトヨタにとって当然の事と言えるでしょう。

グランエースは、「上質かつ快適な移動空間を提供する新たなフルサイズワゴン」として、全国のトヨタ車両販売店を通じて、2019年内に発売される。それに先立ち、東京モーターショー2019での初披露が決定した。


新型300系『 トヨタ ハイエース 』 日本への導入はないようですが、豪華なミニバン その名も「グランエース」として日本導入されます! 1950㎜の幅は日本では大きすぎる?! かっこええ・・・
新型『 ハイエース 』お披露目 : c2o2(コーコー)のblog
新型ハイエースがお披露目されました。残念なことに日本導入の予定はないそうです。でも、かっこいい。

【無料で4ヶ月試聴】オススメ動画配信紹介
31日間無料【U-NEXT】

「U-NEXT」は海外映画・国内映画ともに充実したラインナップで、ドラマもアニメも豊富に取り扱っています。とにかく見放題作品とレンタル作品どちらも業界トップクラスなので、まずはここから体験してみるのがおすすめですね。最新作から旧作まで揃えていますし、ポイントレンタルができるので課金なしでも十分楽しめる映画見放題サービスです。

31日間無料【FODプレミアム】

ドラマ好きにぴったり!「FODプレミアム」はフジテレビが運営しているので、国内番組には特に強い特徴があります。独占配信している国内作品もかなり多く、ここだけでしか見られない国内ドラマばかりです。新作映画の取り扱いもあり、海外ジャンルよりは国内の方が多く配信されています。

30日無料【TSUTAYA TV】

旧作の品数が非常に多いです。特に洋画好きや古い映画が好きな人にはぴったりです。以前はネットでレンタルして宅配ポストであったが、現状はネットで動画配信が一番快適!!!オススメです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
buchi4647をフォローする
初心者がやってみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました