【いまさら?】エマーク、謎のタイミングで「iPhone 11」も買ってしまう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
【いまさら?】エマーク、謎のタイミングで「iPhone 11」も買ってしまう。

OPPOのスマホを買ったばかりだと言うのに、意味不明なタイミングで新型iPhoneを買ってしまいました・・・。 ————————————————-…

スポンサーリンク

いまさら エマーク謎のタイミングで iPhone

中身のランプだけ社外品LEDに交換をして、中に結露のようなものがあります。 LEDに交換したのが原因かは分からないが、社外品への交換のため 日産(ディーラー)の保証が受けられません。 ってことなら、よく言われる「自己責任」の範囲になっちゃいますね。 純正LEDへの交換は値段とかまだ用意されてなかった等の理由で断念でしょうか? ディーラーの言い分は筋が通っているのでなかなか難しいと思いますよ。

グランプリファイナル男子ショートが終わった。改めて、競技会場の客席数(キャパシティ)の少なさに、ヨーロッパでのフィギュア不人気の現実を思い知らされる。ワールド銅メダリストのホーム開催だというのに、スポンサーも日本の企業(含む在日系資本)ばかり。さて、男子ショートの感想を端的に言うなら、難度の高いジャンプを「降りる」かどうかではなく、「回り切れる」かどうかを競っていることが非常に鮮明だった、ということに尽きる。これはもう選手のほうには徹底されていて、皆回り切ることに意識を集中させているから、その分、こらえたような着氷が多く、見た目の印象はよくないジャンプが多かった。だが、プロトコルを見ると、回転不足を取られた選手が一人もいない。フィギュアスケート(シングル)は完全に変わってしまったのだ。かつては転倒こそ一番の、致命的なミスだったが、もうそれは違うのだ。技術審判の回転不足判定を見ても、いわゆる「グリ降り」には非常に厳しく目を光らせている。一方で、転倒ジャンプでは認定されるものが案外多い。その判断は、「グリ降り取り締まり」の厳しさに比べると甘く、しばしば解説者との齟齬を招くほどだ。「回り切ること」にそれほど価値を置くことに賛成できないことは、すでに何度も書いているので、ここでは繰り返さないが、ソクラテスじゃないが、「悪法も法なのだ」。そういうルールのもとでジャッジングがなされている以上、それが適正に運用されていれば、とりあえずジャッジに対して文句を言うつもりはない。「バンクーバー以降、フィギュア(シングル)のジャッジがどんどんおかしくなった。ソチではさらにおかしくなった」と感じている人がいるとすれば、このコペルニクス的な価値観の転換に気付いていないことが根本にあるだろう。多くの人にとっては、いまだに転倒が一番目立つミスで、「降りて」いれば、それがごまかしの着氷であっても、成功に見えるからだ(もちろん、それは自然なことだと思う)。繰り返すが、ソチではバンクーバーより、はるかにフィギュア(シングル)はスポーツとして公平なジャッジングが行われたのだ。それはつまり、印象より客観性が重視され、「より難しいことを、より正確に行ったものが勝つ」という原則に従った判定がなされたという意味において。今季のジャッジングも、方向性としては、それを踏襲している。今回の男子ショートでは、グレーゾーンのジャンプの着氷はあったと思うが、グレーゾーンでアンダーローテーションを取られる選手と取られない選手がいるという不公平もないジャッジングだった。Mizumizuとしては、コフトゥン選手が4回転の精度を上げてきたことに大きな拍手を送りたい。これがもう1年早かったらと、そこは悔やまれるが、ソチ五輪に向けて、高難度ジャンプを多く跳びながら、テレビ画面からもハッキリわかる回転不足ジャンプを連発していたころとは格段の差がある。羽生選手については、何も言うことはない。あれだけのアクシデントから、これだけの短時間で、あそこまで秀麗な高難度ジャンプが跳べる選手だ。コンディションさえ普通なら、彼は、まさに「絶対氷帝」のジャンプを跳ぶ天才。とにかく、体のケアを周囲のプロフェッショナルに切にお願いするばかり。トリノシーズンの本田選手、ソチシーズンの高橋選手・小塚選手にならないように。それだけだ。町田選手には、内心完璧なショートを期待していたのだが、あるいは、それは求めすぎだろうか? だが、彼にとって今年はチャンスなのだ。去年のワールドで初出場銀メダルという快挙を成し遂げ、こう言ってはなんだが、羽生選手は今年はコンディションが悪く、フェルナンデス選手も出来に波がある。ビジネスライクな言い方をあえてするなら、平昌を見据えていろいろな挑戦をしていられるほど、町田選手に時間が残っているとは思えないのだから、今年ワールドを獲らなければ! ワールドチャンピオンという称号を得るのと得ないのとでは、その後の人生がまったく変わってくる。幸い今季のプログラムも非常に上質で芸術性も高く、演技構成点も高く出ている。あとは、去年の調子のよいときのようなジャンプを跳んでほしい。無良選手は…どうして、こうなってしまうのかな。もちろん選手は失敗するつもりで試合に出てるわけではないから、失敗を責めても、それは愚痴になってしまうかもしれない。だが、せっかく初戦であれほどの演技をしたのに、その後が続かないのは何故なのか。このままでは、大きな大会でジャンプの跳びすぎだとか、大技の失敗だとかを繰り返していた織田選手のようになってしまう。そもそも、無良選手には「大事な試合に弱い」というイメージがつきまとっている。強い選手が揃っている日本男子で、彼のようなポジションの選手には、めぐってくるチャンスは少ない。スピンやステップのレベルの取りこぼしはあえて(テクニカルパネルの判定の公平性も含めて)言わないにしても、だからこそ、ジャンプは「全部」クリーンに決めなければ。いや、せめてショートでのジャンプでのミスは「1つ」にしなければ。そうしなければ、ことに抜群のスタイルと圧倒的スター性をもつ羽生選手とでは、勝負にならない。ボロノフ選手は、27歳という、フィギュアスケーターとしては若くない年齢で、世界トップ6が競う大会に食い込んでくる能力は凄いと思うのだが… だが、やはり、この高難度ジャンプ時代の男子シングルで、ショートに「トリプルループ」は、どーよ? と思う。オープニングにいくら4T+3Tを決めても、ラストがトリプルループでは、「はぁ?」と拍子抜け。あまりに竜頭蛇尾だ。「羽生結弦以前の時代」なら許されたかもしれないが、時代というのはあっという間に変わる。フリーでは、まさかまた、「フリップ抜き、ルッツはダブル」じゃないでしょうね? 今の男子シングルで、それはもう許されませんから。とにかく、フリップを跳ばないなら、せめてトリプルルッツを決めてください。4回転ジャンプは誰にとってもリスキーなものだが、跳ばなければ勝てない。跳んで、回り切ることができれば、転倒でもチャンスは生まれる。そしてもうひとつ、他のジャンプの難度も大事だということ。基礎点の高いジャンプをいかに回り切る能力があるか。男子シングルは、今はそれを競うスポーツと言っても過言ではないだろう。これは、プルシェンコが、ミーシンが、タラソワが言っていた、フィギュアスケートのあるべき姿だ。競技としてはとても面白い。誰が勝つかわからない。フリーの演技を楽しみに待とう。

aw11naさん ハロゲンバルブが一般保証の対象外だというのは読み違えだったようです。 すみません。 バルブが消耗品ではない、というののは違和感がありますが。。。 取説の件は、日産でもトヨタでも自分で交換可能のように書かれています。 バルブの規格は書いてありますが、メーカーの純正品を使うようには明記されていません。 メーカーの発行する取説なら、「必ず純正品をお使い下さい。」の一言くらいありそうですが・・・ また、ディーラー単位だけど、社外品との交換サービスを掲げている所もあります。 なので、新品の市販品と交換する事も想定しているんじゃないですかね? スキルの無い人が安易に交換するのは後々のトラブルの元になるかもなので推奨しませんけどね。

温泉饅頭の発祥の地は、伊香保らしい。詳しい話は、「勝月堂」のホームページを読むと書いてあるのだが、かいつまんで言うと、明治のころに勝月堂の半田勝三氏が地元の「伊香保に新しい名物を」という声に応えて考案したのが、茶色い温泉の湯の花をイメージした饅頭で、それが各地に「温泉饅頭」として広まっていったのだそうな。温泉地で温泉饅頭を好んで買うかと言えば、そうでもない(苦笑)Mizumizuだが、元祖の勝月堂「湯乃花饅頭」は食べてみることにした。石段街の一番上のほうにある、きれいな店構えの勝月堂。店員も笑顔で、はきはきと感じがいい。バラで1つ買って、店の外でパクリ。感想は…ふつうに美味しいお饅頭ですね。質の悪い饅頭にありがちな、くどさや、カサカサ感はなかったが、特に大感動することもない。それこそ今となっては、よくある温泉饅頭。由来にまつわるエピソードを聞かなければ、ブログに取り上げることもなかったかもしれない。ところが、勝月堂よりさらに上のほう、石段街が終わって、伊香保露天風呂に向かう道の途中に、古い店構えの饅頭屋があったのだ。店にいるのは夫婦2人。その場で製造・販売するスペースがあるだけの文字通り最小限の店。元祖湯乃花饅頭に対抗したのか、元祖子宝饅頭と名乗っている。まあ、ネーミングはどうでもいい。どっちが何の元祖でも。饅頭で大事なのは、味でしょ。こちらでも、当然バラで売ってもらえるだろうと思い、「すいません、バラで買えますか」とご主人に聞くと、「いいですよ。いくつ?」と逆に聞かれたので、「1つ」と言ったら、「えっ」と物凄く不機嫌な顔をされた。「1つじゃ売れない。2つから」ぼそっと言うので、「じゃあ、2つ」と2つ買うことに。バラ売りというのは、通常1つずつ売ることだと思うのだが、この店だけは違うらしい(苦笑)。この露骨な態度と「下の店より安いです」という、卑屈な手書きの宣伝文句に、ハズレかな~ と覚悟したのだが、一口食べて…えっ、これは美味しい!つやつやと黒光りしている皮は、もっちりとした食感が素敵だし、しとやかな風味がしみている。餡も甘すぎず、いい感じだ。ほっぺたが落ちるほど…などとは言わないが、とても好きな食感と味で、もっと食べたくなった。そこで…箱で買いました。賞味期限が短いので、自宅に戻ってから、余りそうな分は1つ1つラップにくるんで冷凍し、後日少しずつ自然解凍で食べた。もちろん、風味は落ちるが、家で食べるおやつとしては十分。知名度から言えば勝月堂だし、店もずっときれいだし、客あしらいも比較にならないぐらい上だが、味で言えばMizumizuは子宝屋に軍配を上げる。本当に手作り少量生産というのが、舌で納得できる。饅頭好きではないMizumizuだが、また伊香保に来たら、必ず「子宝屋」の饅頭を箱でリピートするだろう。

7/7 ゲーム・・・とかなんとか言ってたら(7/6参照)チート教えてもらいました〜、無敵と無限弾倉とガン無視。 とりあえず苦戦してた山荘40人ミッション 装甲服以外はナイフで殺してまわったり目の前でクレイモア設置したり、装甲服にクレイモア地獄でなぶり転ばせたり、スッキリしたww。

民の眼さん 新品の市販品と交換する事も想定しているんじゃないですかね? 想定していると思いますよ、ただ先にも書きましたがEマークの有無が私の考えるメーカー保証の線引きだと思います。 カー用品店に行ってオイル交換する時にSNとかSM、0w-20と10w-30とか見て 自分の車の規格に合ったものを選ぶように、ECE認証マークをみて選べばいい。 「ただそれだけ。」と思っています。 普通エンジン「オイルでSNともSMとも書いてない無名オイル」なんて怖いですよね。 「Eマークの無いの灯火類」はこの無名オイルと同じ扱いだと考えればシンプル。 自己責任の範囲ですね。

9/24 休日・・・・不覚にも一歩も外に出ないまま夜ww ゲーム・・昨日、ファミった時に借りた あの地雷ゲーと名高いなのはをやりこみ中〜、とりあえず全キャラストーリーモードはクリア。 ただ無敗クリア してなかったので隠し要素が出てない。 無敗クリアのために繰り返しプレイ中、しかし・・・言われてるほどクソゲーじゃないと思うんだが。 たしかにゴリ押しで勝てるし(特になのはとはやて)技のバリエーションも多くないけど、やり込めばコンボや技の特性など細かくこだわりの 所が出てくるだろう。 攻略wiki見たらかなり奥深い印象を受けた。 まぁその奥深さも上級者同士の対戦でないと出てこないんだろうけど 当然CPU戦位ならゴリ押しで十分。 ストーリーもわりとベタではあるが、なのはって基本ベタな展開多いし そのベタさを楽しむものだと 思ってるのでこれで善。 無敗クリアがあと3人残ってるのでそれまではやるかな〜。

9/4 日常・・・・・またしょうもない計画が発動中。 今期のアニメは殆ど見てない、録ってあるけど見てない。 なぜならPC机とTVが180度逆の向きに あるから。 PCしながらだと音しか聞こえない・・ そこで、現在3台ある(ぉぃ)ディスプレイの内1台をいまどきのワイド液晶に換えて HDCP対応もしくはHDMI対応にしてレコーダーの映像を映そうと、そーすればPCしながら見れるし。 んで、さらにその上位計画として ディスプレイではなくソニーの22型くらいの液晶TVにして別室のブルーレイレコーダーの映像もDLNAで引っ張ってこようという案も・・・ どーにも来期は本数が多くて1台では回しきれないような予感があるので。 同人・・・・・夏の戦利品でいくつか終わった。 「同人ing」・・・ライトノベルの新人賞に落選した主人公が同級生に誘われて(?)ノベルゲームを作っていくお話 同人ネタは昔に考えたことがあったが意外に誰も作らない、身近な題材ではあるがその分難しくもあるということだろうか。 んで、それに挑んだのがこの作品。 まだ体験版だが完成が楽しみ。 まぁ冒頭いろいろ突っ込みどころがあるのかないのか・・・ 明るいうちから「締め切りまで後数時間、それまでに後何枚塗ります」とか・・ピコ手もピコ手な新米サークルがいきなりプレスに するんですか? 手焼きなら最終DEADLINEは当日の早朝だろww とか、そんな締め切りに追われている状況で同級生と一緒に 同人を作り始める出会いをする経緯を回想して(物思いにフケって)みたり・・・まぁ、完成が待ち遠しい作品が増えたな。 「英いでたるもの雄々しく」・・・2006年の日記に記述があったアレ。 4年の歳月を経てついに! 新体験版です orz でも 体験版だけどボリュームはかなりのもの。 ヘタな短編ものよりずっしり重い。 文庫版空の境界とオリジナル版くらいのボリュームww テイストが空の境界と通ずる(悪く言えばかぶる)ところもあるが、それはそれ、ちゃんとオリジナル要素へと昇華できていて面白い。 「無形のドルドナ」・・・なんか毎回「無料でいいですよ」「いえいえ、ちゃんと払います、ぜひ完成させてください」って問答をしてる気が するがww んで、今回の体験版は少し進んでた。 新キャラも登場したし話の進展も見られたのでおおむね満足。

沢山の書き込みありがとうございます。e-powerの走りは今までに体感したことの無い走りで大変満足してます。また真夏の冷房温度は23度で真冬は24度のオート設定です。走行は大体ノーマル走行です。回生ブレーキとエコの走りが好きになりません。エコとスポーツは使用しないです。エコモードからノーマルモードに戻した時の出足はビックリします。水を得た魚の用に走ります。燃費を考えるとエコモードでの運転も良いかなって思います。

皆様 様々なアドバイスや情報ありがとうございます。 僕の個人的な考えなのですが、バルブをLEDに交換、イコールコーティングが溶け出した。とディーラーが決めつけている事に疑問を感じています。 過去にも、エクストレイルで結露の様な事象が多数発生したと言うことですので、ディーラーも今回の事で多少調査をする姿勢をとってもらいたかったのです。

アメリカではカールスバッド、イタリアではカステラーナ。前者は世界自然遺産で、後者はヨーロッパでも有数の鍾乳洞。海外では、この2つの素晴らしい鍾乳洞に行ったことのあるMizumizu。カールスバッドでは、その洞窟空間の巨大さとその中に広がる多彩な鍾乳石の世界に圧倒されたし、カステラーナでは、白く輝く鍾乳石のこの世のものとは思えない美しさに感激した。日本では山口の秋芳洞。ぽっかりと空いた洞窟の入り口で人々を待ち受ける百枚皿を初めて見たときの驚きは、今も覚えている。臼杵の風連鍾乳洞は規模は小さいものの、鍾乳石の繊細な美しさでは秋芳洞を凌ぐという人もいて、行ってみたいと思いつつ、なかなか足を伸ばさないままでいた。今回ついに訪問。臼杵市内からは少し距離があるが、夏はわりに朝早くから開くので、2日目の金明孟宗竹を見たあとに組み入れた。しかし、夏期の営業時間、ネットでは朝8時となっていたが、臼杵市内で入手したパンフレットでは9時になっている。電話で確認したら、8時半からだという。ちょうど8時半過ぎに着いた。明るい緑がしたたってくるような山の中にある。天候に恵まれた早朝だったので、空気は際立って清々しく気持ちがよかった。秋芳洞ほど観光地・観光地しておらず、こじんまりとしている。洞窟入り口に隣接する施設(お土産など売っている)は非常に古く、昭和40年代という雰囲気。チケット売り場の横に、古いがカワイイ絵地図を見つけて、パチリ。地元の青年団がこの鍾乳洞を発見したときの探検口が、現在の入り口の横にある。人ひとり通れるかどうかの小さい穴だった。入り口から続く通路は、鍾乳洞とは思えない。ただの坑道のよう。だが、これが逆に探検の雰囲気を盛り上げる。徐々につらら石、石筍などの鍾乳石が現れるが、通路は狭いまま。だが、その通路の狭さが、最後に「竜宮城」と名付けられた、ドーム型の空間に出たときの感動を演出することになる。この最後の空間は、実に素晴らしい。天井からは無数のつらら石が垂れ下がり白く輝く鍾乳石も。そして、気の遠くなるような時間をかけて作られた石柱も。ヘリクタイトという、側方に向かって結晶が成長する珍しい鍾乳石があるとかで、看板もあったのだが、目視ではよくわからなかった。上からのつらら石と下からの石筍がドッキングしたこの鍾乳石(写真左)は、高さが7メートルにもなるとか。ちなみに石筍が1センチ成長するのにかかる時間は100~130年だそう。神秘的な造形に彩られたドーム型の地中空間は、間違いなく一見の価値がある。見上げても、見回しても、新鮮な驚きが。洞窟という制限された空間ゆえに、閉じ込められたような息苦しさもあり、そのなかに広がる無限とも見えるような造形美の間で、眩暈のような感動が胸を満たす。階段がしつらえてあって、そこをのぼれば、より近くから鍾乳石を鑑賞できる。下から見上げて、空間の広がりを楽しむのもよし、階段をのぼって、細部の造形を間近に見るのもよし。残念ながら写真では、風連鍾乳洞の有機的な空間美が伝わらない。出来上がった写真を見るとそれが残念に思え、逆にあの空間の中にまた立ってみたいという憧憬が掻き立てられもする。また行きたい、風連鍾乳洞。そして、まだ見たことのない沖縄の玉泉洞にも行きたくなった。風連鍾乳洞にも玉泉洞にも愛媛の山内浩氏の名前が見える。ケーブに並々ならぬ関心と情熱をもった、優秀な先人のおかげで、私たちは今こんなふうに楽しんでいる。

>ねこっちーずさん 自分は先の書き込みで「ハロゲンランプは一般保証部品に入る」と書いて安易な交換は 注意と書きましたが、「純正部品」にこだわるのも少し違うと思います。 灯火類はECE認証なるものがありまして、このECEに合致したEマークがある商品への 交換は「使用者に過失がなく保証が認められる範囲」であるべきだと思います。 (注意ですが「車検対応」と書かれている物では無いです。しっかりEマークがついてる物。) 最初の書き込みで 灯火類の規格は厳しく、メーカーは安易に「市販品で交換補修できます」としてないパーツなんで それを不用意に変えるのは「消耗品であるオイルを交換した」と同様の感覚でやってはいけないと思います。 絶対やっちゃダメとは書いていない。Eマークがついていない物は、オイルで例えると「SNという規格表示すらないレベルの商品」と同じ感覚。 (今の社外LEDランプにEマーク付きの物ってあるのかな?) ガソリンやエンジンオイルもそれぞれ認定規格があってそのメーカー指定規格を満足する物で交換してあればメーカーは保証すべきだと思います。 これらと同様にECE認定のあるハロゲンランプも保証されるべき。 最後にEマークついてない物が完全にダメとも言いませんけどね。 ただメーカーの保証は無理だと思いますので、交換前にメーカーやディーラーに相談してからにしましょう。

12/14 同人・・・・いきなりだが、自室のPCにはプリンタが無いww で、いつもサークル 配置図等印刷するのは家族用PCを利用する訳だが。 前回と前々回の サークルリストが家族用PCの中に残ってた♪ これである程度前の情報 を引き継げる。 しっかし・・・なにこの配置、いや 場所じゃなくて 日にち。 二日目が早くも用の無い日になった。 代わりに微妙に 一日目が行きたいかも、三日目は確定。 休み・・取れますように。 謎穴・・・・今回のは高かっただけあって耐久性は抜群っぽい いまだ破損なし。

中国大会を制したタクタミシェワ(トゥクタミシェワ)選手は、「女王の条件」を満たした選手だ。ルッツは明確なアウトエッジで踏み切ることができ、フリップにも違反がない。ジャンプの質が総じていいから加点もつくし、ループも非常にきっちり回り切ることができるし、ルッツも非常にきれいな放物線を描くハイクオリティ。欲を言えばルッツからの3トゥループが欲しいところだが、無理にセカンドに3トゥループをつけて回転不足になっては意味がないから、確実に回り切れる3トゥループ+3トゥループをショート、フリーともに入れて減点を防ぐ作戦で来て、今季はそれが奏功している。アメリカ大会と中国大会のタクタミシェワ(トゥクタミシェワ)選手のスコアを見るとジャンプの回転不足判定が1つもない。本当に驚嘆すべき「成績表」だ。アメリカ大会では3連続ジャンプの3番目を1ループにしているが、3Lz+2T+1Loの基礎点は7.80点で、加点がついて8.50点になった。2ループにして加点をもらった中国大会のGOE後の得点は、9.90点だから、1.4点の減少に留まっている。ジャンプが回転不足になるくらいなら、回転数を落としてもきっちり回り切ってGOEで減点されないようにする。この意識がはっきりしている。ソチ五輪で活躍したソトニコワ選手とリプニツカヤ選手は調子を落としている。五輪の翌年というのは、そういうものだ。本来の調子を取り戻したタクタミシェワ(トゥクタミシェワ)選手が強いのも当然だろう。彼女はいきなり強くなったわけではない。本来、素晴らしい逸材だったのが、ソチ五輪の前に調子を落としただけだ。才能のある逸材は、こうして必ず出てくる。今シーズンは調子もいいようだ。将来に向けての不安要素があるとすれば、やはり彼女の女性らしい体形。これからまたメリハリがついてくると、再びジャンプが跳べなくなる可能性がある。対照的なのが長洲未来選手。先日終わったばかりのロシア大会でも、解説の織田氏が彼女のジャンプが「グレー」であることを指摘していたが、せっかく連続ジャンプのセカンドに3トゥループをつけても2つとも回転不足判定。単独ルッツも回転不足判定。長洲選手がいわゆる「グリ降り」の多い選手であることは、とっくに周知されているから、Mizumizuも注意深く見ているが、テレビ画面からでも、「これは多分認定してもらえないな」と思ったジャンプ(織田氏の表現で言えば「グレー」ゾーンのジャンプ)はまずほとんどアンダーローテーション判定になっている。ジャンプを降りたときに一瞬流れが止まり、降りてから回っている感じが肉眼でもわかるし、氷上についたジャンプの着氷後の跡を見てもかなり曲がりが激しく、あれは回転が足りずに降りた証明でもある。長洲選手はアメリカ大会でも、セカンドの3Tは2つとも回転不足判定、単独のルッツもフリップも、3連続の最後の2ループさえ同じく回転不足判定(ロシア大会ではこの2ループを2トゥループに変えて認定されている)だった。これでは難しい連続ジャンプを跳ぶ意味がない。それどころか、やればやるほど点数を落としてしまう。アメリカのスケート連盟がグレーシー・ゴールド推しであることは明らかだ。金髪美人の白人のスター選手こそ、アメリカが最も欲している人材であって、セカンドに3回転ジャンプが跳べて、ルッツにエッジ違反もなく、一昔前のハリウッド女優のような華やかな雰囲気をもつ選手が出てきたら、アジア系選手が冷遇されることはわかっている。かつてクワンが頭角を現し始めたころ、白人至上主義の世界で何かとイチャモンをつけられ、あげく家族の想いのつまったアクセサリーまで攻撃の対象になったことは、フィギュアファンならたいてい知っている。クワンはそうした状況の中、ミスのない演技で自らの地位を築いていった。自由の国アメリカは人権意識が進んでいるから、そんな差別はありえない、と思いますか? それならば、これからゴールド選手と長洲選手に対する回転不足判定を注目して見てください。明らかな回転不足は別だが、「グレー」なジャンプ、「もしかしたら回転が…」と解説者が言ったジャンプで認定されるのは、ゴールド選手だけになりますから。ゴールド選手は間違いなく、「ISU指定強化選手」に入っている。言っておくが、彼女が才能あふれる素晴らしい選手であることは間違いない。すっと伸びた姿勢のいいジャンプ。キレのある動き、見るものをうっとりさせる上品な雰囲気。異性・同性問わずに幅広い人気を博した浅田選手と違い、ゴールド選手のようなタイプは同性よりも異性に受けがいいだろうけれど、強くなればもっともっと人気が出て、アメリカのフィギュア界を盛り立ててくれるだろう。ジャンプを失敗するとあっという間に演技構成点も下げられてしまう選手と違い、ゴールド選手はジャンプを失敗しても演技構成点が高め安定で出てくる選手になるだろう。長洲選手は、逆にこのままでは沈んでいってしまう。ジャンプの回転不足を修正するには、おそらくウエイトを落とす必要があるかもしれない。それでも難しいかもしれない。それはつまり、もともとのジャンプの「タイプ」がそうだから。彼女はもっと体の軽いティーンのころから、やはり「グリ降り」の多い印象だった。こういうのはジャンプのクセと言ってもいいし、むしろ「タイプ」と言ったほうがいいかもしれないが、ある程度技術が固まってしまってから直すのは、非常に難しく、ほとんど不可能なのかもしれない。

>駿太朗さん 現状においてスレ主さんが書き込まれている以上の対応は基本的に無理だと思います。 理由は簡単です。純正部品以外の部品取り付けによる不具合なのでメーカーが規定している保証の対象外だからです。 純正部品と社外品に関しては”純正”という単なる言葉が付いているかどうかが重要なんです。 純正部品はメーカーが定めている基準をクリアした上で採用されているので不具合や故障があれば購入店側は応じる必要が出てきますが、社外品へ交換した時点でメーカーおよび販売店はその箇所について不具合が生じても責任を負う必要がありません。 純正部品へ戻すか、そのままお乗りになるか・・・でしょうか。仕方ないかと思われます。


あご髭が似合ってて黒髪が似合うひとがどうやらずっと好みらしい。 令和になってからいまさらながら気がついた。
RT @fm21wannuumui: これを沖縄方言で ハジチラーと言います。 鳩山にしろ、福山にしろ お前たちが辺野古に決めたんだろう。 何をいまさら(怒)
RT @yukihoshiak: いまさらなんですけど、2000フォローありがとうございます!これからもよろしくお願いします!
【いまさら聞けない看護技術】今回は「導尿 持続的導尿」についてのお話です。https://t.co/bDLMXLX6WY #看護 #医療 #看護技術 #勉強
『いまさら翼と呼ばれても』もってきたと思ったのに、もってきてなかった😭 もう読む本が…売店で買った屋上のテロリストしかない
@XXShira08XX @Poulmt よかったです!ずっとパスつかってて、いまさらはどうかと思っていましたが、遅くはないんですね!ありがとうございます!
(いまさらながら岡田晋の著作、似たようなタイトルが多く、目次をみても同じような固有名詞やタームが並んでるので古書店で見つけても未読か既読かわからなくなる😅) https://t.co/w4fkFCXSkq
@nappu00 6つシリーズでてると思います! 順番通りに並べると…… 「氷菓」 「愚者のエンドロール」 「クドリャフカの順番」 「遠まわりする雛」 「ふたりの距離の概算」 「いまさら翼といわれても」 って感じです
RT @gyunyu_150_ut: いまさらだけど「寝転がる位置を定めるのにくるくる回る」「信頼している飼い主に背中を向ける」「愛情表現として大きなため息をつく」とか犬好きにしか伝わらない萌えポイントだったかもしれないので それが言いたかったです伝われ〜〜〜
RT @NammoMei: いまさらですが #桜を見る会 に関する野党ヒアリングの詳報は内閣府の言い分がいかにむちゃくちゃか、読んでいると雰囲気も含めて本当によくわかる。今回の「全体としてログはある」は意味不明、悪い冗談かコメディなのか https://t.co/F9JG05Y…
RT @kamo_hiroyasu: 10分で分かるゲーデルの不完全性定理 ~ いまさら聞けないコンピュータサイエンス【連載第1話】|ハジメエフ💡サイエンスライター @fujitahajime #note https://t.co/PgEX3rpH8b ゲーデルはユダヤ人では…
いまさら、閻魔亭お疲れ様。 歴代FGOイベントの中でも屈指のお話でした。 #FateGO
言っても届かんな、考える時間も無駄やな、みたいに思ってもけっきょく考えちゃうし言っちゃうし、そういう性分はたぶんいまさら変わらんのやろうけど。でもせめて、そのことでこころをすり減らすのはやめたい。
孤独という熟語は二世紀の半ばにはもうあったという、 おれの孤独など、いまさら嘆くにあたるまい。 中桐雅夫
RT @masanorinaito: 問題は、EUが難民の殺到を理由に、EUの内と外を隔てる「壁」を高く築いた事によって、北アフリカから西アジアにかけての紛争を放置し、中東諸国の秩序を崩壊するにまかせた事だろう。いまさらリビア内戦で政治介入を試みたところで何らの実効性はない。

【無料で4ヶ月試聴】オススメ動画配信紹介
31日間無料【U-NEXT】

「U-NEXT」は海外映画・国内映画ともに充実したラインナップで、ドラマもアニメも豊富に取り扱っています。とにかく見放題作品とレンタル作品どちらも業界トップクラスなので、まずはここから体験してみるのがおすすめですね。最新作から旧作まで揃えていますし、ポイントレンタルができるので課金なしでも十分楽しめる映画見放題サービスです。

31日間無料【FODプレミアム】

ドラマ好きにぴったり!「FODプレミアム」はフジテレビが運営しているので、国内番組には特に強い特徴があります。独占配信している国内作品もかなり多く、ここだけでしか見られない国内ドラマばかりです。新作映画の取り扱いもあり、海外ジャンルよりは国内の方が多く配信されています。

30日無料【TSUTAYA TV】

旧作の品数が非常に多いです。特に洋画好きや古い映画が好きな人にはぴったりです。以前はネットでレンタルして宅配ポストであったが、現状はネットで動画配信が一番快適!!!オススメです。

apple新作
スポンサーリンク
スポンサーリンク
buchi4647をフォローする
初心者がやってみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました